身体の臭い

身体が「汗臭い」と感じるのは、「汗」の臭いでなく、「汗によって雑菌が繁殖した臭い」なのです。
汗には、体温調節のためにエクリン腺という汗腺から出る汗と、緊張した時などにアポクリン腺から出る汗の2種類があります。

エクリン腺という汗腺から出る汗は、約99%が水分でサラサラとした汗で蒸発しやすく、雑菌が繁殖しにくので臭いは少ないです。
アポクリン腺から出る汗は、アルカリ性が強く、ベタベタとした蒸発しにくい汗で雑菌には嬉しい繁殖しやすい環境になるのです。

菌が汗や皮脂や垢をエサにして増殖するとアンモニアのような臭い成分が発生します。
普段運動をあまりしない人、お肉や揚げ物など脂質の多い食事を好んでよく食べる人は、汗腺の機能が弱くなっています。

そのような人の汗は、アポクリン腺から出る汗が多くなり、臭いの原因になります。
また、汗の酸っぱい臭いの原因は「乳酸」です。

乳酸は汗に混じらないのですが、運動不足の人が急に筋肉を使うと、筋肉の中に疲労物質である乳酸が汗に混じます。
汗の酸っぱい臭いは、乳酸と皮脂が混ざって酸っぱい臭いが発生します。

ワキの臭い

ワキの臭いの原因は、ワキの下にあるアポクリン腺と皮脂腺です。
アポクリン腺から出る汗は、脂質・糖質・たんぱく質・アンモニアなどの成分が多く含まれています。

アポクリン腺から出る汗は、約99%水分のエクリン腺と違い、雑菌のエサが多く含まれており、雑菌が繁殖して臭いが発生します。
ワキガの人は、ワキガでない人に比べて、このアポクリン腺が非常に活発なので、雑菌のエサになる成分が多く含まれている汗が多く、繁殖が活発になり臭いがとても強くなります。

さらに、ワキの下には、皮脂を分泌する「皮脂腺」があります。皮脂腺から分泌される脂肪酸とアポクリン腺から出る汗が混じり、強烈な臭いが発生するのです。
ワキの下は、湿度が高く、汗が乾きにくいので、細菌にとっては繁殖しやすい環境です。

繁殖しやすい環境で、脂質・糖質・たんぱく質・アンモニアが多く含まれているアポクリン腺から出る汗と、皮脂腺から出る皮脂が多くあるワキの下は、細菌のエサが多く、細菌にとって最高の環境となり、繁殖が活発になります。

頭の臭い

一番の原因は、皮脂の汚れです。
頭皮に皮脂汚れや古い角質が付着した状態のまま長時間経つと、皮脂や古い角質が酸化して、臭いが発生します。
また、皮脂や角質をエサに雑菌が繁殖するので、臭いの原因になります。

頭皮には、皮脂腺が多く、その分皮脂量も多く分泌しています。
そのため、頭皮はベタベタしがちです。

皮脂のべたつきや頭皮の臭いが気になり、何度も洗髪したり、ゴシゴシと強く洗ってしまいがちです。
皮脂は、頭皮を乾燥から守るため、ある程度は必要です。

しかし、皮脂を落とそうとして、必要以上に洗髪しすぎてしまうと、頭皮に必要な水分が減ってしまい、頭皮が乾燥してしまいます。
頭皮が乾燥すると、水分を補おうと皮脂が多く分泌されてしまいます。

また、洗浄成分の強いシャンプーを使うと皮脂を必要以上に取りすぎてしまい、失った皮脂を補うためにさらに皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
皮脂が多くなると、べたつきや細菌の増殖がさらに増え、臭いが強くなり悪化の原因になります。

お尻の臭い

お尻の臭いの原因は、汗ではなく、汗に含まれる成分をエサに雑菌が繁殖することによってニオイ成分が発生することで臭くなります。汗自体は元々無臭です。
そのお尻から出た汗は、下着が吸い取ります。

衣類に汗が吸収されて、衣類に付着している雑菌がその汗をエサにしてどんどん繁殖をしていくのです。
お尻は汗をかきやすく、雑菌のエサになるものが多いです。

お尻は普段ズボンや下着によって通気性が悪いため、湿度があります。
雑菌にとってはとても居心地の良い環境なのです。

繁殖すればするほどニオイ成分はたくさん放出されるので、強い臭いになってしまいます。
また、運動不足の方やお肉・脂っこい食事が多い方の汗は、サラサラでなくべたつきがあり雑菌のエサになる成分が多く含まれているので、雑菌が繁殖しやすく臭いが強くなります。

ニオイ成分が多く発生されると、その強い臭いは下着だけで止まらず、ズボンにもニオイ成分が蓄積されて、衣類も臭うようになってしまいます。

デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いの原因は、雑菌の繁殖によってニオイ成分が発生することです。
デリケートゾーンには雑菌のエサになるものがとても多く、汗・垢・尿・経血・おりものなどがあります。

デリケートゾーンの汗は、アポクリン腺という脂質やたんぱく質やアンモニアを多く多く含んでいる汗が出ます。
その汗に含まれる成分をエサにして、雑菌がどんどん繁殖し、ニオイ成分を発生させます。

また、おりものなどの中にも、たくさんのたんぱく質が含まれているので、雑菌のエサが豊富にあるのです。
デリケートゾーンは、通気性が悪く、湿度があり、温度も高めです。

そこに雑菌のエサが豊富にあるため、雑菌が繁殖しやすい環境なのです。
雑菌がたくさん発生すると、ニオイ成分も多くなり、臭いが強くなります。

雑菌が増えると下着だけでなく、ズボンなどにもニオイ成分が移ってしまいます。
そして、ニオイ成分が一定量を超えると、他人にも気づかれてしまう強い臭いになってしまいます。

足の臭い

足の臭いの原因は、汗や皮脂や古い角質や垢などの汚れをエサにして雑菌が繁殖するためです。
繁殖した雑菌は、たくさんのニオイ成分を放出します。これが足の臭いの原因になります。

足には、皮脂や古い角質や垢などが付着しています。
同じ靴を長時間履いていたり、通気性が悪い靴を履いている状態が続くと足は蒸れ、雑菌が繁殖していきます。

靴下も通気性の悪いものを履いていたり、汗をかいた状態のままにしておくことや、雨などで濡れても靴下を変えないでそのまま湿った状態にしておくと、湿度がとても高くなり、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
また、足に合った靴を履かないと、足が緊張状態になり、汗が多く出てしまいます。

足は、雑菌が好む皮脂や古い角質などが多く、また汗もかきやすい場所です。
さらに靴や靴下によって雑菌が繁殖しやすい環境であるため、雑菌がどんどん増えます。

また、いつも同じ靴を履いていると、靴に雑菌が蓄積され続けるので繁殖が増えます。
そして、ニオイ成分の量が多くなり、強烈な臭いになります。